床材・壁紙 内装材の通販専門店 ワコードープロ メーカー直販・年中激安販売   ご注文・お問合せ直通 < 052-774-5063 > 平日・祝日08:30~18:00 土・日:休み

ワコードープロ

オフィスや店舗でも使用されているカーペット
タイルカーペットやオーダーカーペット、パンチカーペットなど種類も豊富です。

店舗やオフィスビルで接着施工の必要な絨毯やタイルカーペットを使用される場合は、
消防検査で下記のような防炎ラベルの提示が求められます。

そこでお問い合わせの多い【防炎ラベル】についてご案内します♪


【防炎ラベル】

防炎表示は、消防法令で様式、方法等が定められています。当協会が交付している防炎ラベルは、この消防法令に基づいたもので、その物品に防炎性能があることを示す証となっています。従って、ラベルを規則どおりに正しく表示することが大切になります。 防炎ラベルには、カーテン、じゅうたん等の完成品に付けられる「物品ラベル」と、加工される直前のカーテン、じゅうたん等の材料(原反)に付けられる「材料ラベル」とがあります。(出典:公益財団法人 日本防炎協会


 

尚、この防炎ラベルは防炎協会に登録された施工業者しか取得することができません!

防炎ラベルがほしいとのお問い合わせをよくいただくので、日本防炎協会へ問い合わせをしてみました。

Q.店舗にて防炎タイルカーペットを店舗スタッフがDIY施工した場合、消防検査はどのように対応したらよろしいでしょうか。

A.消防検査の対応ですが、まず施工したカーペットが防炎品であることの証明書を所轄の消防署に提示して、防炎ラベルを貼ることができない旨を相談してみてください。

本来は、防炎表示者として消防庁に登録をした方しか、防炎表示(防炎ラベルをはること)ができませんが、目的は、防炎品を使用しているか否かを確認するため、防炎ラベルを貼ることになっています(外観では防炎性能があるかの確認ができない)ので、きちんと防炎品を使用していることがわかれば、問題にはならないと思います。
今後、複数の店舗など、頻繁にこのような施工を行うのであれば、貴社が防炎表示者として登録をお勧めします。ご登録に関しては、日本防炎協会までご相談ください。

 


まとめると…

・商品を購入したらついてくるものではない
・基本的には施工業者が取得する
・個人の場合は防炎証明書で代用するか、日本防炎協会へ問い合わせをする

【防炎証明書】はご注文後、弊社へお問い合わせの上発行可能でございます。